.phptでの回帰テストってどうやるの?

"--TEST--"だとか"--SKIPIF--"だとか"--FILE--"だとか"--EXPECT--"だとか。PHPUnitしか知らないのでよく分からず。

PHPUnitはPEARパッケージなので、PEARパッケージを配布する際にPHPUnitでやるのは微妙だって事かな?package.xmlに書いておけば依存解決は出来るけど、目的外のパッケージを強制インストールさせるのは好ましくない?

PEARドキュメントをちょっと見ると、".phptかPHPUnit"って事らしいので、PHPUnitで書いて問題は無いけど、配布側の心遣いとかその辺かな。(テスト実行時の入出力をあわせられれば何使っても問題は無いんだろうけどさ)

まあ、どっちを使うかってのは場合によって(PHP4だとかね)だろうからいいとして、問題はphptってどう書けばいいのかってこと。googleを見た程度じゃ分からない。なんとなくCだかC++だかの空気を感じる。一般的なやつなの?

もしかしたらいずれ『いざっ』て時がくるかもしれない。けど、こないかもしれない。.phpt覚えた方がいいのかな?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年9月 5日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Etagsを使ってみる(かもしれない)」です。

次のブログ記事は「ようやく違和感に気づく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。