2006年10月アーカイブ

データを1カ所で管理して、そこからいろんなサービスに投げたい』がどうやらPlaで解決できるっぽい。

で、MT+Plaでやれば(比較的)簡単なのかなと思ったんだけど、MTってPublishingのプラットフォーム?Storageとして扱う事に問題は無いよね?

Plaで色々と投げるのは(自前でやるより遥かに)簡単だろうと思うんだけど、元データの管理とかデータ構造(構文)のルール決めとかって大変そうな気がする。

"MT + Right Fields(microformats?) + Plagger"かな。Structuredなんたら?Right Fieldsのルールセットみたいなのをみんなで考えて(これ重要)、色々と楽出来たら共有したら楽しげ?

おお、ひょっとして『第九回XML開発者の日』っぽいネタ?


microformatsについては正直さっぱり意識してないので、的外れな事書いてるかも。。。
『それPla』的に正しい方向で考えられてますかね?惜しい?駄目?


関係ないですが、"+Pla(プラプラ)"って響きいいね。


bulknews.typepad.com: SAKK Plagger Hackathon #1: MT meets Plagger!』で紹介されてましたね。ブックマークしてたのに忘れてた。。。
この記事を見ていながら、このネタを思いつかない自分がイヤ。まあ、日々成長しているってことで。。。
miyagawaさん、色々ご指摘ありがとうございます。

例えば、日本語のタグをつけたとして、そのタグは考慮してもらえるのだろうか?

検索エンジンを作ってる訳だから、各国言語に対応していると思いたいんだけど、どうなんだろう。単純にバイト列で比較してごにょごにょできるもの?

そもそもタグの揺らぎを上手い事収束(?)させてたりはするのかな?『tech=技術』とか?そこまでする必要は無いのかな?

内部処理の国際化って(きっと)大変だと思うけど、Yahoo Bookmarks!はそこら辺にどれだけコストかけられるんだろう。

曖昧検索だかなんだかを応用させたら平気?


。。。ひょっとして、Yahoo!を小馬鹿にした発言かな。

無事に受理されれば参加出来ると思います。
第九回XML開発者の日

第八回XML開発者の日からしばらく『REST命』みたいな精神状態になっていたので、今回はそんなことないように注意します。

さて、今回参加出来たらノートどうしよう。(はてなブックマークで)議事録が公開されるだろうし、資料も公開してもらえる気がする。前回同様、紙とペンだけ持っていけばいいかな。記録用の何か(カメラとかレコーダーとかね)はいらないか?

まあ、何にしても参加出来る事が決まってからですね。


無事、受け付けたいただけたので参加決定。休暇申請も今出した。

色々と身の回りがごちゃごちゃして来たので、自分が書いた事とかを1カ所で管理したい。

MT/Hiki/はてなブックマーク/Gmail/SVN/...と、いろんなサービスを使ってしまっている訳だけど、入り口を1カ所にして、そこから投げられるようにした方が応用きく気がする。

散らばったデータを集約したいんじゃなくて、1元管理する所から始めたい。

Structuredなんたらっていうやつなんだっけ?Google Baseとか?Baseはなんだか違う気がする。

1元管理するところは外部に公開しなくていい。してもいいけど、公開目的がある場合は、そこから外部サービスに投げればいい。なんとなく、自分が扱うデータは全てAtomで表現出来る気がしてる。なので、entryな構造で蓄積しておけば、ある程度いろんなかたちで表現出来ると思う。BlogとかWikiとかMailとかSVNとかBMとか。

複数サービスを統合環境で使いたいってのともちょっと違う。ん、違わなくもないかな。けど、データの出し先は自由選択で行きたいので、囲い込みとかだと面倒。

投げるときもボタン押したら完了っていう手軽さがいい。基本はAPI提供サービスが対象かな。XML-RPCとかね。

ビューを借りるために外部サービスを利用したい。個人的な欲求を満たすために、ソーシャルなサービスに迷惑をかけるのもなんか気が引ける。ので、負い目を感じずに無茶したい。

統合環境ではTracがいい感じだけど、プロジェクトを運営する訳じゃないし、ビューも固定だしでいまいち。オレ汎用データベースとその管理ツールが欲しい。

なんだろ、BTSとか改造してみたらいけるかな?


Emacsをフロントエンドにして、色々ツール組み合わせたらそれっぽいものが出来るかな?


2006/10/31 00:15

一晩経って「あ、Pla?」と思ったらちゃんといただいてましたね。MTでデータ管理して、そこからFeedをPlaに渡して、フィルタかけて投げたらOK?microformats?
MTってpublish(公開)しなくてもFeedにのせられるんだっけ?テンプレ次第、かな。
なんか、結構手軽に夢実現?
###
テキスト構文のルール決めとかないと駄目か。今、MTで書いてるのはHTMLタグ使っちゃってるな。オレルール策定がめんどいね。ここで、microformats?

PaginatedFeedのおかげで、任意のオフセットでフィードを取得出来るようになったので、振り返ってみる。

ビューはめんどくさいのでFirefox2の『勝手にスタイル』で。問題は、オフセットをどうやって決めるかだけど、めんどくさいのでMTのテンプレートにJS書いてごまかす。

var pfeedUrl     = "<$MTBlogURL$>mt-pfeed.cgi?blog_id=<$MTBlogID$>&format=Atom";
var maxResults   = 20;
var MTEntryCount = <$MTBlogEntryCount$>;
var startIndex   = Math.floor(Math.random() * (MTEntryCount - maxResults) + 1);
 
location.href = pfeedUrl + "&startIndex=" + startIndex + "&maxResults=" + maxResults;

呼び出しはbookmarklet(おれMT振り返り)。

javascript:(function(){
        var script = document.createElement('script');
        script.src = 'http://blog.koshigoe.jp/mt-call-pfeed-rand.js';
        script.charset = 'utf-8';
        script.type = 'text/javascript';
        document.body.appendChild(script);
    }
)();

Firefox2でしか確認してなし。


適当なstartIndexを指定してフィードリーダーに登録しておいて、新しい記事を書くたびに古い記事がリーダーに落ちてくるってのもありかな?

以前、ネタ振り(KoshigoeBLOG: MTの全記事をオフセットで取得可能なRSSにしたい)して止まっていたものが、PaginatedFeed.ja JP - Ogawa Codeにて公開されていたので使ってみた。

これで、自分がブログに書いて来た事を懐かしみ易くなった。他のブログを使おうかと悩んでたので嬉しいです。

ogawaさん、ありがとうございます。

http://lab.koshigoe.jp/geshi_webapi/syntax_highlight.php
テストフォーム(demo)

POSTでソースコードを送って、[HTML|XML|JSON|JSONP]で受け取るだけ。

PHP以外のシンタックスハイライト用ライブラリを知らないので。MTプラグインでシンタックスハイライトしてくれるやつってあったっけか?まずはCPANで探してみるかな。vim資産を使ったライブラリとかがあるのかな?

とりあえずWebAPI用意しとけば、どんな言語で書く事になっても応用可能かなと、安易な発想で書いてみました。まあ、使わないだろうなぁ。


2006/10/31

GET/POST両方で同じように使えるようにしました。APIとしてどうなのか分かりませんが、特に規制する必要は無いかな、と。どうなんでしょう?

JSによるURLエンコードを正しく扱えているかは未テストです。全体的にテスト不備ですが、ぼちぼち直していきます。

ご指摘をいただければ、可能な限り早めに対応したいと思います。何かあれば、コメントなりメールなりでご報告よろしくお願いします。

GETでのテスト用にテストフォームを追加しました。

JSON/JSONP用に改行コードをエスケープし忘れていたので修正。

ここに延々書くのもなんなので、TracのWikiにページ作ってみました。

Yahoo! Bookmarksに移るべきか

移るというか出戻るというか。

Yahoo! Bookmarksには"Recommended"があるし、MyWeb2.0のデータを引き継いでるしで、ちょっとひかれるものがある。

ただ、MyWeb2.0からはてなに乗り換えた理由が『日本人ユーザすくね』なので、せめて"Recommended"に使われるデータにdel.icio.usのものが含まれる事が確認出来てからにしないと、あまり意味が無いかも。

まあ、操作性とかフィードが取得出来るのかとか、色々と見てみないとね。

どうするのが簡単だろう?

リクエストを受け付ける部分はプログラムがいいのかな?それとも、Webサーバで対応出来るかな?

データを集約する部分はどうしよう。MTのDBを直接見る?エクスポートしたファイルをパースする?

プラグインでさくっと出来る気がするな。。。あるかな?

先日のはてなブックマークの適当抽出が個人的にお気に入りなので、MTでも適当抽出したくなりました。

なんとなく、ブラウザで読むならせめてアンカー付きがいいな、と。

普通はローカルに落としてお気に入りのエディタで読む?コンソール(wgetからlessとか)?

色々探してみて、rfc2html.*なスクリプトとか、それを使ったWebインターフェースとかがあるのは分かった。けど、なんとなく読み易そうでも無い(気がしたり)。

とりあえず、RFC検索があったので、Firefoxのスマートキーワードに追加しておいた。

rfc2htmlをちゃんと使ってみるべきかな。それよりも、エディタの検索を上手く使って読みこなすべきか。

印刷かな。。。


あまり補助ツールが出回ってない(っぽい)ってことは必要とされてないってこと?プレーンテキストを読む力をつけるべきか。。。せめて、他RFCへのリンクとかあってもいいよね?

主RFCと関連RFCをまとめてぶっこ抜いて、上手い事整形してくれるPなやつあるかな?あるかな?(どう整形するかが難しいね)

。。。chm?

とりあえず、Subversionに一緒に入れて、チェックアウト先で"pear list"でバージョンを確認しようかと。

つかってるライブラリのバージョンをどこで管理すべきか分からなくなったので、ひとまずpearコマンドで管理しようと思います。なので、ユーザ用設定ファイルを作成。

~$ pear config-create <PEARライブラリの置き場所の絶対パス> <設定ファイルのパス>

で、上で書いたライブラリ置き場にサーバにおいてあるPEARライブラリをそのまま持ってくる、と。で、"pear list"でバージョンを確認。

~$ pear -c <設定ファイルのパス> list

失敗。よく見てみると、レジストリだかなんだかのファイル群が場所変わってる模様。php/に移動したっぽいので、そこにそれっぽいファイル群を移動して、もう一回listを試したらばっちし。

どうなんだろう?ライブラリは必ずバージョンがソースに記述されてたっけかな?ないのもあった気がするんだけど。あるなら、まあ、ソースだけでもいいんだけど、ないならpear任せが楽で確実な気もするし。どっかにメモって、それをバージョン管理?

なんか、何かのキャッシュも一緒にコミットした気がするから、そこはなんとかしないとな。

やり方間違えると、相当めんどくさい事になりそうな予感。。。

検索キーワード"yahoogle"から来る人が急増。

以前、Yahooの検索インターフェースがGoogleっぽくなった事を受けて、『これYahoogle?』みたいなネタを書いた事はありました。

という訳で、ここに来てもYahoogleっていうサービスについて何も得るものはありませんよ。

xvzf派です

~$ tar xvzf hoge.tar.gz

です。

PHPの配列とかだと問題ないんだけど、JSONは駄目?

var hoge = [
  {
    "hoge": "bar",
    "hage": "barbar",
  },
];

Firefoxで動いてたものがSafariでは動かなくて、『また迫害か。。。』なんて投げやりになってたんだけど、コンソール出してエラーを見てみれば構文エラーっぽい。それで該当箇所を見てみれば、どうもこの問題っぽくて、修正したら動いた。

JSONのドキュメントにある図の見方がよく分からないんだけど、これは仕様上NGなのかSafari的NGなのかどっちなんだろう。

<dc:subject>が配列でなくて、結合された文字列として扱われる。

PHP4でRSSを扱いたかったので、とりあえずMagpieRSSを選択。そしたらこの問題にぶつかったんだけど、どうしたものか。ソースを眺めると、テキストを問答無用で連結してる雰囲気。なので、強引に要素名を見て連結するのか配列に追加するのか判断するようにしてみた。ちゃんと考えた訳ではないので、いずれぼろが出る予感。。。

define("MAGPIE_MULTIPLE_ELEMENT", "subject");
--- rss_parse.inc.orig  2006-10-21 18:06:26.000000000 +0900
+++ rss_parse.inc       2006-10-21 18:02:58.000000000 +0900
@@ -339,8 +339,16 @@
         if ( $this->current_namespace ) 
         {
             if ( $this->initem ) {
-                $this->concat(
-                    $this->current_item[ $this->current_namespace ][ $el ], $text);
+                if (defined("MAGPIE_MULTIPLE_ELEMENT") and
+                    in_array($el, explode(",", MAGPIE_MULTIPLE_ELEMENT))) {
+                    if (!is_array($this->current_item[ $this->current_namespace ][ $el ])) {
+                        $this->current_item[ $this->current_namespace ][ $el ] = array();
+                    }
+                    $this->current_item[ $this->current_namespace ][ $el ][] = $text;
+                } else {
+                    $this->concat(
+                                  $this->current_item[ $this->current_namespace ][ $el ], $text);
+                }
             }
             elseif ($this->inchannel) {
                 $this->concat(
 

PHP4で使える、名前空間に対応したいい感じのRSS(XML)パーサって他に何があるんだろう?PHP4で困るならPerlとかRubyとか使った方がいいのかな。

どこぞの記事で知りましたが、vistaの新機能(!?)として期待される『レッドスクリーン』を是非生で見てみたい。

IntelMacのVMで試したらいけるかな?VMじゃ出ないかな?

とりあえず、『vista on IntelMacでレッドスクリーン』なハック(?)を期待します。

とりあえずどうなるかをテストしてみました。

どんなもんか(気になる人がいれば)はサンプル(データ取得は固定)をどうぞ。JSONPの所はちょいと問題あって固定データ使ってごまかしてます。

なんとなく「ああ、こんなんもブックマークしてたな」とか「この頃は必死でブックマークしてたな」とか無理矢理思って楽しんでみました。

Zend Frameworkを使うためのひねり出しネタな訳だけども、まあ題材としては手頃だったと思います。借りてるサーバはPHP4なのでそこには置けなかったり、そもそも公開するようなものでもなかったりする訳ですが、まあネタ振りで終わるのもなんなので一応画面だけでも。

UI面だけでも、速度調節の手段が欲しかったりとか、リンクが無いとか、表示がクリアされないとか、色々あります。APIにしても、適当感満載な訳で。

そんなこんなで、こんな感じの振り返りツールどっかにありませんかね?はてなブックマークに限らず、ブログとかWikiとか、自分(誰か)が書き溜めたものをランダムで振り返る事が出来るとベストです。


ローカルデータベースを更新(同期)し続けるの面倒なので、多分これで終了。


前(ネタ振り)のエントリに、ティッカータイプのリーダーで出来るだろうといったコメントをいただいたので、そっちでやっとけばよかったのかも。。。


なんというか、エントリー単位で考えたランダムじゃなくて、ページ単位でランダム抽出しても十分だった。
なので、atomfeedからopenSearch:totalResultsとopenSearch:itemsPerPageを抜き出して、オフセットをランダムで決定する方法にしてみた。
ページを抜き出す方が『あの頃のオレストーリー』を楽しめそうな気がするし、データを手元にコピーする必要も無くなる。
という事は、MTの全エントリーをopenSearch対応の(パジネーション(だっけ?)してる)フィードで出しておけば、対応出来る訳だ。


ちょっといじったサンプルを公開。OSX(10.4)のFirefox(1.5.0.7)以外で動くかどうかは知りません。プログレス処理とか無いので、ユーザ名を入れて submitしたらひたすら待ち。何も起きなかったらハズレです。

Zend_Feed::importStringのDOMパース処理で引っかかったXMLが、mb_convert_encoding($body, "UTF-8", "UTF-8")してから渡したら通った。

Entityがどおだとかでこけてたんだけど、なんか通った。半ばやけくそで、『PHP的UTF-8にしたら。。。』とやってみれば解決。うさんくさい。。。

PHPの処理でXML処理する時は、mb_convert_encoding通してから処理した方がいいのかな。BOMがどうとかって事なのか?

cacheから取り出したデータについては今のところ100%正しい結果を得られるけど、HTTPでとって来たデータだと2回に1回失敗。

Atomの<link rel="next" type="~" href="http://~" />から次のURLを抜き出す処理をしてるんだけど、どうも2回に1回は失敗する。シリアライズして保存しているcacheデータを使った場合は失敗しない。

cacheにはオブジェクトをシリアライズして保存しているので、cacheデータを使う時にはZend_Feed内で行っているDOM処理が無い。一方、HTTPでとって来た場合、毎回DOM処理が入る。この辺が原因なのかな?

PHPのDOMDocumentを使う場合、後処理とかしないと駄目なのかな。Zend_Feedの後処理が必要なのかな?


追記:
とりあえず、cacheに入れてからそれを取り出して使うようにしました。
DOMオブジェクトであるべき変数が、文字列のままになっているようです。なんだろ。処理の呼び出し順序とか?
きっと、DOMDocumentとかZend_Feedとかじゃなくて、自分のコードの方に問題があるんでしょう。

NULLに設定されている変数を調べた場合、 isset() はFALSEを返します。
PHP: isset - Manual

ちゃんとマニュアルに書かれてるのに。。。

PEARのConsole_Getoptで値無しのスイッチをパースするとNULLが入ってるんだけど、それをissetで判断してたらこの問題に当たりました。これをTRUEが入るようにするオプションってあったかな?

はてなブックマークの/atomfeedを読み込もうと思ったら、Zend_Feed:import(URL)だとURLのvalidationにひっかかって駄目。

/^(?:[^\W_](?:[^\W_]|-){0,61}[^\W_]\.)*(?:[^\W_](?:[^\W_]|-){0,61}[^\W_])\.?$/

Zend_Filter::isHostnameメソッドで、↑の正規表現で判定しているので、ホスト名bが問題になって駄目。

そんなわけで、Zend_Feed::importStringを利用。

idは一貫したもので無くてもいいのかな?"tag:hatena.ne.jp,2005-2006"って来年には"tag:hatena.ne.jp,2005-2007"に変わってるのかな?

Atomについては0.3も1.0も仕様をちゃんと読んでいないので何ともいえず。けど、なんか違和感。atom:idをそのままアプリで使おうかと思ったけどやめた方がいいのかな。

まあ、ちょうどいい機会だし、[RFC4287]読もう。余裕があればAtom0.3の方も調べ。。。無いかも。片方を理解したら比較記事とか探した方が簡単かな。


Atom1.0では、idは永続的だとされてる模様。0.3は仕様書がどこにあるか分からず。"2005-2006"が残り続けるのかな?機械的には無意味だし、問題は無いけどね。


どうやら修正が入るようです。けど、修正前のidも変わるのかな?
知らなかったのですが、"tag:hatena.ne.jp,2005-2006"の日付部分が[RFC4151]The 'tag' URI Schemeとやらに反するとの事。tagをつけた当時のYYYY, YYYY-MM, YYYY-MM-DDだけ、と。


修正が入ったようです。
id変わりましたね。使ってた人がいなければいいけど。。。

ブックマークしっぱなしなので、適当にN件ずつでも毎日メールで送ってみようかな。

はてなブックマーク側でそんな感じの機能ってあったっけか?ありそう?それPla?

今日現在で、1733件。/atomfeedで30件ずつ取得したとして、58回。ローカルにデータベース持つしか無いかな?全体からのランダム抽出じゃなくせばいいのかな?

前にランダムで表示するwikiみたいのがあったと思うけど、あんな感じかな。読み込むたびにバラバラなブックマークが表示される。

いっそ、スクリーンセーバーにランダムスライドショーとかで流したらいい?

スクリーンセーバーはなしにしても、スライドショーUIはFlashネタにちょうど良さそうだし、ちょっと考えてようかな。


ローカルのDBに(無理矢理)インポートして、そこからランダム抽出(Feed)。で、Flashでスライドショー?ローカル挟まないで出来ないかな。出来る気がするんだけど。

ページ数求めて、ページ数をランダムで選択。ページ内のブックマークもランダムで選択。そんでまとめてFlashに送る?

ああ、widget作ってみたらいいかも。そしたらJSが妥当か。

会社が提供しているサービスの内向けツールがあまり充実していないので。

本当は、働けるなら迫りくるタスクを消化すべきなんだろうけど、頭がパンク気味なので、色合いの違う事をやりたいこのごろ。

なので、手つかずできた管理ツール周りに手を出してみようかな、と。で、思いついた事を2,3実装してみたら、なんとなく心が軽くなった気がする。けど、その分他の人に『確認作業』っていう手間をかけさせてしまった事はちょっと反省。

今週は技術チーム内での勉強会の担当なので、来週以降にでもまたちょっと作ってみようかなと企んでます。

勉強会も相変わらずネタが無い。勉強はしてるんだけど、それを消化出来てないので発表する事が出来ない。なので、適当な事をひねり出して誤摩化し続けてる(ごまかせてないけど)。

『詳解UNIXプログラミング』を読んでるんだけど、あれを勉強会ネタには出来ない。逆にこっちがその発表を聞きたい。そもそも、UNIXについての基礎を勉強するために読んでるから、細かいところは理解出来てない。とにかく、まずは一通り目を通す事が目標。

それにしても、なんでこんなにテンパってるんだろう?周りの人の方がよっぽど忙しそうなんだけど。。。

それmac

『それmac』が流行ったら『流行ものが大好きな弊社』でも支給されるかな?

「UIの専門家ほしー」
「それmac(で釣れるよ)」

「QAの専門家ほしー」
「それmac(で釣ろうよ)」

「開発合宿行きてー」
「それmac(持っていこうよ)」

Zend_DbのPDO_SQLITEで遊ぼうと思ったら「ドライバねぇ」で門前払い。

variant pdosqlite {
        depends_lib-append      port:sqlite3 \
                                port:sqlite2
        configure.args-append   --with-pdo-sqlite
}

とりあえず、例のごとく"port edit"で上記variantを追加して再インストール。ドライバを後から追加する事って出来るんだっけ?.soのはCLIから使えないんだよね(dl使えばいいのかな)?

とりあえず、PDO_SQLITEは使えるようになった。けど、プレースホルダで整数値をクォーテーションしない方法が分からない。

CREATE TABLE test (
    id,
    value
);
INSERT INTO test VALUES (1, "hoge");
<?php
 
require_once "Zend/Db.php";
 
$params = array(
                "dbname"    => "test.db",
                );
$db = Zend_Db::factory("PDO_SQLITE", $params);
 
$select = $db->select();
 
$select->from("test", "value")->where("id = 1");
 
echo "SQL: \n" . $select->__toString() . "\n";
print_r($db->fetchAll($select));
 
?>

テーブル作る際のSQL間違えてる?『$select->where("id=?", 1);』ってやるとでき上がるSQLでは整数がクォートされて、結果が空になる。下はプレースホルダ使った場合の結果。

SQL: 
SELECT
        value
FROM test
WHERE
        id = '1'
Array
(
)

まあ、いいか。

最後のリリースが"2004-06-09 17:05 UTC"なのは、もうメンテしてないってこと?

リリースフローの一環として、Webインターフェースから"svn copy"しようと思ってVersionControl_SVNを試してみたんだけど、どうも使えないっぽい。

"svn list"は出来た。デフォルトのsvnのパスが"/usr/local/bin/svn"だってことに気づかず四苦八苦したけど、"svn_path"で設定して解決。なのに、"svn copy"は駄目。

"svn copy"の場合、どうも内部的にexecしてる部分のコマンドライン引数を作る際に、配列そのままを結合してるみたいで、"svn Array"だか"svn copy Array"だかになってる。

パラメータの渡し方を間違ってたかな?まあ、"svn copy"できればいい訳だし、execそのまま使えばいいんだけど。

"subversion-***bindings"はPHP用には無いんだっけ?MacPortsではJAVA/Perl/Python/Ruby用のはあるんだけど、PHPのは見当たらない。これがあれば、PHPのexec使わずにsvn使えるのかな?

さて、どうしたものか。


VersionControl/SVN/List.phpをまねて問題箇所をいじったら通った。

--- Copy.php.20061003   2006-10-03 21:29:58.000000000 +0900
+++ Copy.php    2006-10-03 21:33:21.000000000 +0900
@@ -274,7 +274,10 @@
         $_switches = trim($_switches);
         $this->_switches = $_switches;
 
-        $cmd = "$this->svn_path $this->svn_cmd $src $dst $switches";
+        $cmd = "$this->svn_path $this->_svn_cmd $_switches";
+        if (!empty($args)) {
+            $cmd .= ' '. join(' ', $args);
+        }
         
         $this->_prepped_cmd = $cmd;

毎日、会社のブログに日報を書いている。

書いている内容は、出退勤の時間と作業項目。日単位なので、ある日の作業を見返す事は出来るんだけど、タスク単位での詳細が記録出来てない。ものぐさすぎたかも。。。

まあ、日報にはこのくらいでいいんだと思う。けど、個人的にでもタスク単位でどんなんして、どんな失敗して、どんな対応したとか、何を参考にしたとか、色々書いておいた方がいいかな、と。

Joel本にあった、Excelでのタスク管理みたいなのがいいのかな。いまいち項目が洗い出せてないので、フォーマットが思い浮かばない。Wikiに書いていったらいいかな。

(名目上だけでも)職業プログラマになってから2年になろうというのに、あまりにもバグが多すぎる。自社サービスのバグのほとんどはきっと自分が出してる。

仕事をゆっくり確実に進めて、1日の作業時間を増やしてみるしかないかな。家でいろんなソースを読みあさる方がいいのかな。

一朝一夕で技術力は上がらないと思うので、まずは記録を詳細にして定期的にひとり反省会でもします。。。

プロフィール

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。