MTで書いて来た事を振り返ってみる

PaginatedFeedのおかげで、任意のオフセットでフィードを取得出来るようになったので、振り返ってみる。

ビューはめんどくさいのでFirefox2の『勝手にスタイル』で。問題は、オフセットをどうやって決めるかだけど、めんどくさいのでMTのテンプレートにJS書いてごまかす。

var pfeedUrl     = "<$MTBlogURL$>mt-pfeed.cgi?blog_id=<$MTBlogID$>&format=Atom";
var maxResults   = 20;
var MTEntryCount = <$MTBlogEntryCount$>;
var startIndex   = Math.floor(Math.random() * (MTEntryCount - maxResults) + 1);
 
location.href = pfeedUrl + "&startIndex=" + startIndex + "&maxResults=" + maxResults;

呼び出しはbookmarklet(おれMT振り返り)。

javascript:(function(){
        var script = document.createElement('script');
        script.src = 'http://blog.koshigoe.jp/mt-call-pfeed-rand.js';
        script.charset = 'utf-8';
        script.type = 'text/javascript';
        document.body.appendChild(script);
    }
)();

Firefox2でしか確認してなし。


適当なstartIndexを指定してフィードリーダーに登録しておいて、新しい記事を書くたびに古い記事がリーダーに落ちてくるってのもありかな?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年10月29日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTの全記事をオフセットで取得可能なフィードを取得出来た」です。

次のブログ記事は「データを1カ所で管理して、そこからいろんなサービスに投げたい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。