Terminal内emacsとクリップボード

CarbonEmacsと違って、kill-ring=クリップボードでは無いらしい事を初めて知った。

↓のelispで多少改善されるらしい。
macosxhints.com - A script to enable XEmacs to OS X clipboard sharing
まあ、Terminalのcmd+cとかcmd+v使えばいいのかもだけど、region指定してC-wしちゃうよね。上記elispをそのまま使ってもkill-ringには入らないのは気になる。

そもそも、CarbonEmacsとかW32Emacsとか、Window System(?)で動くemacsしか使って来てないから、コンソール(?)で動くemacsが微妙な感じ。

zshの日本語環境の設定に失敗しているせいか、emacs上での表示が崩れる(C-x hして直してる)。

Terminal内でemacsを使わなきゃいけない理由が無いので、おとなしくCarbonEmacs使うかな。screenで画面を2分割して、その上下でほげほげってのはちょっとしたいかも。

ローカルファイルしか触らないし、まだしばらくはCarbonEmacsでいいや。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年12月17日 01:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OSXのsshにheartbeatパッチ当てて入れ直した」です。

次のブログ記事は「NewsMLってのは今どんな感じ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。