VirtueDesktopsに乗り換え

これまで、Desktop Managerを利用していましたが、VirtueDesktopsに乗り換えてみました。

Desktop Managerではアプリケーションとデスクトップのバインティングの方法が分からず放置してましたが、VirtueDesktopsでは"アプリケーションの配置"というメニューから色々と設定出来るようです(日本語なのが嬉しい)。

アプリケーションをデスクトップにバインドさせる事で、Cmd+Tabでのスイッチ時にアプリケーションがバインドされたデスクトップに切り替わるようになります。

Desktop Managerよりもデスクトップの切り替えが重いように感じられますが、実際はどうなのでしょうか。

試している最中に突然落ちたりもしましたが、これからの発展が楽しみなアプリケーションです。


2007/02/09修正
typo: VirtualDesktops => VirtueDesktops
プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年2月 9日 01:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Operaギブアップ」です。

次のブログ記事は「SCPluginがアップデートされてた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。