井筒監督はやっぱり熱い!

| コメント(1)

"虎の門"の映画のやつ。
どうも、「ラストキング・オブ・スコットランド」という作品を"史実"だと思って観たけど、エンドロール辺りでフィクションだと気がついてご立腹のご様子。井筒監督の視点ではオフザケが過ぎる作品だったという事でしょうか。

この作品をぼーっと観てしまうと、"史実"として頭に残ったり、微妙なイディ・アミン像を植え付けられたりするのでしょうかね。

側近扱いの医師は実在しないようです(少なくとも、映画で演じられたニコラスは嘘らしい)。


というか、こっちに『へぇ』。

ウガンダ・トラ - 容姿が似ていた事からこの芸名がつけられた。 イディ・アミン - Wikipedia

コメント(1)

うーん、たまたま私も観ていていたのですが、私はむしろ井筒監督のイディ・アミン像が偏っているのだと思いました。小説が原作になっていることを知らないのは単に監督の不勉強のせいであって、言ってしまえば「八つ当たり」でしかないです。が、八つ当たりして逆上している姿をテレビに晒してしまえる無鉄砲さや率直さが井筒監督の魅力なんでしょうね。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年4月 7日 02:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ねずみ、ドリフト失敗、のたうち回る。の巻き」です。

次のブログ記事は「ここいらでfuseを一区切り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。