"Python Workshop the Edge 2007"に行ってきました

イベント後の懇親会は、これまで参加した事がありませんでしたが、今回は思い切って参加してみました。

軽い対人恐怖症(?)の気があるので、どきどきでしたが色々良い事があってほくほくしながら帰途につく事が出来ました。むっつりしていたにもかかわらず、隣に座った方が話しかけてくださったおかげで、楽しい時間を過ごす事が出来ました(変に拘束してしまった事は、申し訳なく思っています)。

懇親会で景品を賭けたジャンケン大会(?)があったのですが、なんと2つも景品をいただく事になってしまいました。「空気読め」と自分でも思いますが、ジャンケンで景品をいただくのが人生初だったもので、ついついそのままいただいてしまいました。いただいた景品は、i-revo様よりご提供の無線LANルータ(ですよね?)と、(提供元を忘れてしまいましたが)荒井省三著『IronPythonの世界』(サイン付き; その場で書いていただきました!)の2点です。本当にありがとうございました(そして、空気読めずに申し訳ありませんでした)。

と、そんな感じで楽しい懇親会でした。

さて、蛇足ですが、セッションのメモを書いておきます(敬称略)。後ほど、資料はサイトにアップされるようです(多分、python.jpとかなんですよね?)。詳細で正確な情報は他のブログなどでまとめられると思います。

セッション前

  • Tシャツ貰った(先着100名に配布; どうやらpython.jpで追加注文(?)の告知があるとか)
  • 会場(東大の講義室)が狭めなので、スクリーン見難い(段差のある部屋だと良かったのかな?)

IronPython and Dynamic Language (Mahesh Prakriya)

  • ILMでもPython使ってる(レンダリングやバッチ処理)
  • (多分)iPython使ってた
  • gVimのアイコンがデスクトップにあった
  • COM(msagentとか)をPythonから触れるよ(おじいちゃんを動かせるんだ!)
  • タブレットPCに対応出来るよ(手書き文字を文字列として認識するし、読み上げる事も出来る)
  • なんか寒い(冷房強めで、直接当たってた)
  • IronPythonでは基本的にCPythonのモジュールを使えるけど、Cで実装されてるものは時間が必要(移植とか)
  • Ironは料理の鉄人(Iron Chef)からとったんだよ
  • ベンチマークの結果はCPythonの1.8倍程度速かったよ
  • XNA(ゲーム用のライブラリ、でしたっけ?)も使えるよ
  • Silverlight!(OSXでだって使えるんだ)
  • SilverlightのDLRConsoleは面白そう(いろんなLL言語をテスト出来るコンソール)

Python Webフレームワーク総ざらえ2007(三浦雅弘)

  • WSGI(PEP333)!
  • WSGIはサーバとWebフレームワークをつなぐインターフェース(合ってます?)
  • Paste!(WSGIの低レベルインターフェース; Pylons)
  • SQLAlchemyは、場合によって実用に耐えないとか

Tracの活用(落合豪史)

  • 0.11がそろそろ出るよ
  • 0.11以降、テンプレートシステムはGenshi
  • 0.11以降、チケット属性の調整をtrac.iniで出来るよ(フレキシブルワークフロー; 状態遷移)
  • 使う前(最初)に、プロジェクト標準・用語集・メンバー紹介とか用意すると良いかも
  • メンバー紹介を各自に書かせる事で、(Tracの)Wiki記法に慣れてもらおう
  • (いずれ消えると言われているらしい)TracReportは結構便利だよ(sessionを引っ張ってアクセス状況とか見れるし)
  • プラグインはComponentのサブクラスとして実装(インターフェース)
  • 0.11以降、WebAdminが標準になる
  • 0.11以降、Wikiで編集中にdiffを見れるしページ別に権限を設定出来るよ
  • なんにしても、こった事するなら自分で書こうね

荷電粒子加速器制御システムでのPythonの活用(山本昇)

  • EPICSという分散制御システム構築ツールキットを使ってます(これはPythonじゃない)
  • EPICSのCAクライアントと制御アプリケーションとの間にPythonを挟んでるよ
  • 10年前に書いた(んでしたよね?)からPython1.5(だったと思う)のままなんだ
  • Pythonを使ったのは、Perlが読み難いというのが公式だけど、正直なところ趣味です

CG映像制作とPython セガVE研究開発部での事例(斉藤淳)

  • MayaでPython
  • Mayaの標準スクリプト(?)は貧弱(とまでは言ってませんでしたが概ね)

Pythonコード添削道場(増田泰、西尾泰和、柴田淳)

  • OSXのデスクトップのアイコンを最小にして文字を右側にしていた(増田さん)
  • 長い文字列を書くなら連接使おう
  • PEP8に従おう(思いやり; Py然)
  • ループ内でリストに要素を追加するならappendじゃなくてextend(appendは毎回リストを作るんだ)
  • PythonのOOは性善説
  • 空気が読める人が好きです(柴田さん)
  • ja.doukaku.org
  • スライド表示中にマーカー(ペン)を使ってた気がする(タブレットPC?)
  • そういえば、増田さんの声が途中からアムロに聞こえた

教育現場におけるPythonの利用(菊池靖)

  • 大学では教養の選択科目でプログラミングを教えているらしい(目的はよく分からなかった)
  • C言語らしい(FORTRANもあるとか)

プロジェクトにコンパイルはいらない(エマーソン ミルズ)

  • SCRUMについて
  • スケジュールなんか分からないんだから、大中小で考えて2・3週間スプリントだ!(詳しく(正しく)はSCRUMについての情報をご覧下さい; あまりメモとってませんでした)
  • 過去の記録はバックログって言うんだね

BOF:Python国民投票(原弘)

  • 140ちょい+pythonのMLでアンケートして130回答があった
  • デバッグは大抵printとpdb(IDEでのデバッグは正義だ!という意見も; オールドタイプが主流なのはいかがなものか、と)
  • DjangoとTurboGearsが競ってる(Djangoひとり勝ちではないよ!)

pyObjCでSkypeBotを作ってみよう(ひらた だいじ)

  • Objective-CとPythonとSkype

ライト人グトーク

  • Pylonsいいんだよ!
  • IronPythonで書いた(1万行近い)アプリって起動が重いんだ
  • Pythonを愛してます!(Dave Thomas氏のまわしもの)

懇親会

  • 勝負ですから
  • 千歳烏山
  • はじめの頃は4人しか集まらなかったのに、この人数は何でしょう
  • Pythonコミュニティのあり方について、選択すべき時期かも
プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年6月30日 22:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「"Pythonコード添削道場"に投稿しようとコードを書いてみたけど気づいたらおかしな事に」です。

次のブログ記事は「PHPのtidy_repair_stringで数値実体参照を文字に変換出来るらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。