LinuxのCUI環境でCD-Rを焼きたい

Debian(etch)ではwodimを使う風な情報を発見。

そもそも、『CD-Rを焼く』という行為自体を、おそらく片手(多くても両手)で足りるくらいしか経験した事がありません。しかも、GUIだけなので、実際に『CD-Rを焼く』という作業の詳細をまったくもって理解していません。

そんな訳で、CUIでCD-Rを焼いてみようと思います。

さて、以降、無駄に長い文章になるのでここで区切ります。結果を先に言うと、焼けませんでした。お先真っ暗。

何度も失敗を重ねて資料(情報)が錯綜しているので、最後に参考にしたWebページをのせておきます。
第05回 「cdrecord によるCD-R/RW の焼き方」

まずは、必要なパッケージをインストールします。

% sudo aptitude install wodim cdrkit-doc genisoimage

ここで、インストールしたドキュメントやmanなどを眺めつつ、作業の概要を整理しました。が、よくわからないので、雰囲気をつかむ為に実践に移ります。それでは、まずはドライブ情報を調べます。

% wodim -scanbus dev=ATAPI
scsibus0:
        0,0,0     0) *
        0,1,0     1) 'MATSHITA' 'DVD-R   UJ-85J  ' 'FBZ8' Removable CD-ROM
        0,2,0     2) *
        0,3,0     3) *
        0,4,0     4) *
        0,5,0     5) *
        0,6,0     6) *
        0,7,0     7) *
% wodim --devices
Beginning native device scan. This may take a while if devices are busy...
wodim: Overview of accessible drives (1 found) :
----------------------------------------------------------------------
0    dev='/dev/hdb'   rwrw-- :  'MATSHITA'  'DVD-R   UJ-85J'
----------------------------------------------------------------------

手元の環境(MacBookのParallelsのetch)では、`wodim --devices`だけで必要な情報は得られましたが、その情報を使っても焼けなかったので、`wodim -scanbus dev=ATAPI`も試してみました。

実はよく分からないまま、ファイルをそのまま焼いてみたりもしましたが、それは忘れてisoイメージを作ります。

% cd ~/tmp
% mkdir image
% echo "あいうえお" > image/file1.txt
% genisoimage -o file1.iso -J -r -v -V test image/
% sudo mkdir /mnt/iso
% sudo mount -t iso9660 -o loop file1.iso /mnt/iso
% ls /mnt/iso
合計 1
-r--r--r-- 1 root root 16 2007-09-24 13:01 file1.txt
% sudo umount /mnt/iso

isoイメージをマウントして中のファイルに問題がない(っぽい)事が分かったので、焼いてみます。

% wodim -v -eject speed=8 dev=0,1,0 -data file1.iso
wodim: No write mode specified.
wodim: Asuming -tao mode.
wodim: Future versions of wodim may have different drive dependent defaults.
TOC Type: 1 = CD-ROM
scsidev: '0,1,0'
scsibus: 0 target: 1 lun: 0
scsidev: 'ATA:0,1,0'
devname: 'ATA'
scsibus: 0 target: 1 lun: 0
Linux sg driver version: 3.5.27
Wodim version: 1.1.2
SCSI buffer size: 64512
atapi: -1
Device type    : Removable CD-ROM
Version        : 0
Response Format: 2
Capabilities   : 
Vendor_info    : 'MATSHITA'
Identification : 'DVD-R   UJ-85J  '
Revision       : 'FBZ8'
Device seems to be: Generic mmc2 DVD-R/DVD-RW.
Current: 0x0009 (CD-R)
Profile: 0x002B (DVD+R/DL) 
Profile: 0x001B (DVD+R) 
Profile: 0x001A (DVD+RW) 
Profile: 0x0016 (DVD-R/DL layer jump recording) 
Profile: 0x0015 (DVD-R/DL sequential recording) 
Profile: 0x0013 (DVD-RW restricted overwrite) 
Profile: 0x0014 (DVD-RW sequential recording) 
Profile: 0x0011 (DVD-R sequential recording) 
Profile: 0x0010 (DVD-ROM) 
Profile: 0x000A (CD-RW) 
Profile: 0x0009 (CD-R) (current)
Profile: 0x0008 (CD-ROM) 
Using generic SCSI-3/mmc   CD-R/CD-RW driver (mmc_cdr).
Driver flags   : MMC-3 SWABAUDIO BURNFREE 
Supported modes: TAO PACKET SAO
Drive buf size : 1310720 = 1280 KB
Beginning DMA speed test. Set CDR_NODMATEST environment variable if device
communication breaks or freezes immediately after that.
FIFO size      : 12582912 = 12288 KB
Track 01: data     0 MB         padsize:  236 KB
Total size:        0 MB (00:04.02) = 302 sectors
Lout start:        1 MB (00:06/02) = 302 sectors
Current Secsize: 2048
ATIP info from disk:
  Indicated writing power: 5
  Is not unrestricted
  Is not erasable
  Disk sub type: Medium Type A, high Beta category (A+) (3)
  ATIP start of lead in:  -11634 (97:26/66)
  ATIP start of lead out: 359846 (79:59/71)
Disk type:    Short strategy type (Phthalocyanine or similar)
Manuf. index: 3
Manufacturer: CMC Magnetics Corporation
Blocks total: 359846 Blocks current: 359846 Blocks remaining: 359544
Speed set to 1411 KB/s
Starting to write CD/DVD at speed   8.0 in real TAO mode for single session.
Last chance to quit, starting real write    0 seconds. Operation starts.
Waiting for reader process to fill input buffer ... input buffer ready.
Performing OPC...
Starting new track at sector: 0
Track 01:    0 of    0 MB written.
Track 01: writing 236 KB of pad data.
Track 01: Total bytes read/written: 372736/614400 (300 sectors).
Writing  time:    6.615s
Average write speed   1.6x.
Fixating...
Fixating time:    5.038s
BURN-Free was never needed.

表示されたメッセージがよくわかりませんが、何となくデータが書き込まれたっぽい雰囲気です。

% sudo mount -t iso9660 /dev/hdb /mnt/iso
Password:
mount: block device /dev/hdb is write-protected, mounting read-only
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/hdb,
       missing codepage or other error
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so
% sudo mount /media/cdrom0
mount: block device /dev/hdb is write-protected, mounting read-only
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/hdb,
       missing codepage or other error
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so
% dmesg | tail
isofs_fill_super: bread failed, dev=hdb, iso_blknum=16, block=16
attempt to access beyond end of device
hdb: rw=0, want=68, limit=4
isofs_fill_super: bread failed, dev=hdb, iso_blknum=16, block=16
attempt to access beyond end of device
hdb: rw=0, want=68, limit=4
isofs_fill_super: bread failed, dev=hdb, iso_blknum=16, block=16
attempt to access beyond end of device
hdb: rw=0, want=68, limit=4
isofs_fill_super: bread failed, dev=hdb, iso_blknum=16, block=16

という訳で、どうもよく分かりません。OSX側でも読み取る事が出来ません。

OSX側で読み取れなくなっている(空ディスクと言われなくなった)ので、ディスクには何かしらのデータが書き込まれているような気がします。が、それがゴミくずになっているという事でしょうか。

SCSIとATAのあたりで何かが起きているのでしょうかね。一応、ドライブを認識して、CD-Rに書き込んでいる訳なので、動いている事は動いている模様。ディスクとの相性でしょうか。

さて、困ったものです。最悪、GUI(を使えるマシン)側にデータを持ち込んで焼けばいいのですが、データ移動を待つより人が動いた方が効率が良さそうです。なので、出来ればCUIで作業したいのですが、マシン(構成)が変われば大丈夫ですかね。

そんなこんなで、お恥ずかしながら、新しいサーバでバックアップデータを焼く作業は自分には無理そうですよ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年9月25日 00:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8/29に炎上してた?」です。

次のブログ記事は「sbmとSPAMとnofollow」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。