Porticus(MacPortsのGUI)って結構よいかも

こんなのがあったとは知りませんでした。

シェアウェアであったり、X使ってたりとかは見た記憶がありますが、Porticusは知りませんでした。

使い慣れた訳ではないので、評価も何もありませんが、パッケージ情報が見やすい気がするので好印象です(他と比べた訳じゃないんですけどね)。

コマンドラインで使うと、キャッシュできてないのか、"port installed"を何回叩いても遅かったりした気がします。そういう意味でも、よいかもしれません。

portコマンドでどこまでできるのかを知っておかないと、よくわからない度が増しそうなので、一応基本はコマンドラインで作業します。が、情報を見たり、ちょこざいな作業はGUIベースになる気がします。

しばらく使ってみます(多分)。


そろそろ、archiveと"-b"のあたりを調べないと。明らかにコンパイルしてるんだよなぁ。yumとかみたくリポジトリ(?)のURLを指定したらいいのかな?

あれ?初回は必ずコンパイルするというのがMacPortsの決まりなのかな。yumとかみたくできるモードがあるのかと勘違いしてたみたい。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年9月 9日 20:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フィードを盛り上げるぅ?べらんめぇっ」です。

次のブログ記事は「アート・オブ・SQLが届いた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。