フィードの3つの状態を定義する仕様を知った(ページネーションとか)

ブックマーク経由で知ったRFC(STD 1)。
[RFC 5005] Feed Paging and Archiving

仕様中には"complete", "paged", "archive"という状態(?)を表す用語(?)が定義されています。それぞれ、「ある条件に従ったエントリー群全てを含むフィード」、「一時的な集まりであるエントリー群を分割してまとめたフィードの集まり」、「永続的な集まりであるエントリー群を分割してまとめたフィードの集まり」を意味します(きっと)。

また、それらの状態ををフィード中で明示する為に、"fh:complete", "fh:paged", "fh:archived"という空要素をヘッダに埋め込むようです。

分割したフィードへのアクセスは、link要素に従って行えるようにします。これは、OpenSearchか何かで使われている方法と同じはず。リンク先が「どこ」をさすのか知る事ができなくてはいけないので、当然それを明示する為のrel属性が定義されています。

ページが「一時的なエントリー集合」で、アーカイブは「永続的なエントリー集合」であるという考えにプチへぇ〜。あまり意識した事がありませんでした。まあ、基本的にはページを使えばいい気がしますが。

フィードに疎いのでよくわかりませんが、共通の語彙が決まるのはよい事です(よね?)。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年9月 9日 18:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(致命的かも)正規表現の文字クラスと略記法とマルチバイト文字の関係を理解してなかったっぽい」です。

次のブログ記事は「PHPのpreg_match関数の第3引数的な事をPythonではどうすべきだろうか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。