携帯電話の通話料値下げのやつ

なんだか、販売店に販売奨励金(だっけ?)を払わずに、その分を通話料値下げにつなげるという話だったっけか?

販売店への補助金みたいなのがなくなるから本体価格があがるって話だけど、みんな買わなくなるから値下げ競争につながるってことを期待しては駄目なのかな。業界的にコスト削減は厳しいのかな。

携帯をほとんど使わないので、「〜ついてます」とか言われても、「えぇ、邪魔。」とか「いらないから安くしろ」とか思うわけです。

初めて手にした携帯はD103ですが、正直言って、機能的にはあれで十分だと思う。あとは操作性とかが良くなってくれれば。

携帯電話は、もう「カジュアル(?)」なイメージなので、今更値上げとか言われてもね。通話なんてそんなにしないし、パック料金(?)のだから大してうれしくもない。

D103以降は、J-Phone系(現Softbank)を使っているわけですが、3Gのエリア問題もあって、ますます新機種への乗り換えが遠のいた感じ。あれ、Softbankは関係ないんだっけか。DoCoMoとAUだけか?AUは奨励金云々はない?細かい事は知りません。

まあ、きっと自分は少数派だろうし、世の中の大半は通話料値下げでうれしいのでしょう。

とりあえずは、相も変わらず、入力装置の進化待ちです。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年10月 5日 00:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「caminoってショートカット(スマートキーワード)を使えたんだね」です。

次のブログ記事は「会社のiMacでTracが動いてくれない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。