ウェブOS

ブラウザの中にデスクトップ環境を作るやつを指すのか、大規模分散処理基盤というやつを指すのか。

まあ、どうでもいい事ですが。

YouOSとかのやつが『ウェブOS』という方がしっくりくる。単純に、先に目にしたからかもしれないけど。

最近では、こうした大規模分散処理基盤は“ウェブOS”と呼ばれることもあり、注目を集めている。
大規模分散処理向けの国産“ウェブOS”をRubyで開発中 − @IT

聞いた事がなかったわけですが、先述のTechCrunchの記事を読むと、そう呼ばれているらしい事実は見つかりました。

詳しくは知りませんが、『分散コンピューティング』というやつとは別の話なのでしょうか。

よくわかりません。


というか、ウェブって閉じられた環境にも当てはまるものなのでしょうかね。そこが最大の違和感。

大規模分散処理基盤というやつでは、(多分大量の計算機を繋いでいる)ネットワーク部分は表に出てこないんですよね?

まあ、呼び方に違和感があるだけで、やろうとしているであろう事は純粋に「すごいなぁ、楽しそうだなぁ」と思います。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年11月27日 00:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「W杯アジア予選」です。

次のブログ記事は「php.netのドキュメントが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。