TracとMercurial

Mercurialを触ろうと思い、Tracへの対応を調べてみれば、出来るんですね。
TracMercurial - The Trac Project - Trac

ひとまず、Trac0.11をtracdで動かして、MercurialのレポジトリをTracのブラウザから見る事が出来ました。環境は、MacBook(Leopard)のOSX用Python2.5とMercurial0.9.5(ソースからsetup.pyでインストール)です。

bdiffというモジュールのimportに失敗して四苦八苦しましたが、site-packages/mercurialをPYTHONPATHに追加したら問題なくなりました。Pythonのパス解決でカレンとディレクトリがうんたら?

とりあえず、準備だけ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2007年12月28日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PEAR::HTTP_Requestの相対パスでのリダイレクト対応について」です。

次のブログ記事は「Firefox3の<a ping>」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。