オープンソース版Fastladder

会社の(自分専用の)雑多マシンに入れてみた。
Fastladder Open Source / Free Download

おおむね、付属のドキュメント通りの手順で動作するところまで確認できました。

FreeImage3をソースから入れたり(PPCのEtchでパッケージを見つけられなかった)、g++が入ってなかったり(Etchでのパッケージ名が分からなくて困ったり)、RubyGemsを1.0.1(だったかな?)にアップデートしてしまって動かなくなったり(0.9.4に入れ直して、他のモジュールも入れ直したり)、ちょこちょこつまづきましたが、それは許容範囲でしょう。

会社として使うかさっぱり分かりませんが、簡単に動かし始められる事が分かったので、要望があれば実現は簡単かもしれません。運用コストがどうとかは考えていませんが。

近々、仕事でRailsを触る事になりそうな気配が漂っているので、ひょっとするとそういう意味でもお世話になるのかもしれません。類似サービスを作るわけではありませんが、RailsとUIまわりの良いサンプルとなってくれればと密かに期待しています。

そんな感じで、体験だけして後回し。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2008年2月 8日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OpenID認証2.0とYadisとでIdentifier保持」です。

次のブログ記事は「OAuth」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。