OpenID認証2.0の社内勉強会資料を会社のブログで公開した

先週末に行った社内勉強会の資料を、はずかしげも無く公開。

内容はともかく、これで勉強会復活の狼煙をあげられました。本当は、来Qからが正式復活なんだとは思うのですが、諸事情や暴発もあって、こうなりました。

しばらくはネタがないかなぁと心配というか期待して、数回は引っ張れると思ったのですが、あまりの出来の悪さでそれは取り消し。コード・リーディングの練習がてら、pythonでのOpenID実装(ライブラリ)を読む経過とかを、このブログかウィキとかに書くかもしれませんが、多分社内勉強会ではやらないと思います。

出来が悪いなりにも必死さは伝えられたような気はしています。これからも、必死さを押し出しつつ、それなりに価値ある発表ができればなと思っています。

ちなみに、社内勉強会は以前とやり方を変える予定です。以前は、各週の担当が必ずプレゼンをしていましたが、それだと結構な負担になるだろうという事で、確実に継続するために、無理せずネタが無いときはプレゼン以外の何かをしようと思っています。

プレゼン以外の何かというのをどうするかは、まだ煮詰まっていませんが、多分、どう書くとか読書会とか討論会とか、チームで盛り上がれそうなイベントを開催すると思います。ブログは出来れば毎週更新する様にしたいので、プレゼンでないときはその時に行った事のレポート(ログ)なりを公開する事になるかと。

個人的に、社外の広い世界に飛び出す勇気がまだないので、社内で鍛えておこうかと思っています。特に止められなければ、自分の経験値稼ぎに徹底的に会社を利用できる様な仕組みを作ろう、という野望で動いています(その辺を先導できそうな位置に近づいたので)。

そんなこんなで、(無茶でない)技術者支援の楽しい文化を、活性化させていこうという今日この頃です。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2008年2月25日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「"The Art of UNIX Programming"を読んだ」です。

次のブログ記事は「PythonとEmacs」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。