会社のiMacのメモリを4GBに増設完了

先週注文していたメモリが届いたので差し替えた。

iMacのふた開けたら、右側のスロットのタブが中に食い込んでいたのは驚愕。ドライバでメモリの脇を引っ掻いて、なんとか取り出す事に成功しました。どんな罠ですか。

次のためにタブを引っ張りだそうと思いましたが、ちょこちょこかき出そうとしても駄目でした。もう、"仕様"だと思ってあきらめました。4GBにしたら、潰れるまでは交換しませんしね。

windows(VM)に512MB割り当てても、osxに何の影響も出なかったのは感動です。

ところが、帰りも近くなってきた頃、Cmd+Tabが効かなくなってしまいました。Spacesも動きません。Dockも出てきません。よくわからないながらも、Finderがおかしくなったのかと思い、再起動させてみても何も変わりません。仕方ないので、そのまま小一時間程仕事をしましたが、メモリが原因だったりするのでしょうか。

システム終了もちゃんとできず、延々デスクトップが表示されます。仕方がないので、電源長押しです。

`svn up`でosxが落ちなくなって安心していれば、この有様。どうしたもんですかね。


部屋に帰ってきてから思い出したんですが、"F10->Tab"で代用できますね。次におかしくなったら、試そう。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2008年6月30日 21:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Subversion1.5」です。

次のブログ記事は「Capistranoのタスクのロール指定を変更する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。