Subversion1.5

何となく気になったので、変更点を眺めて試してみた。

"WebDAV Transparent Write-Through Proxy"は、楽しそうだけど使う機会がありそうでなさそうな。海外のレンタルサーバにリポジトリたててるような場合はいいんでしょうね。社内リポジトリにスレーブ用意しても、バックアップ目的以外でなにかいい事あるでしょうか。不可分散するほどに負荷はかかってませんし。意味なく個人用Tracを用意してみますかね。
なんとなく、「ローカルにコミット」という点で、分散バージョン管理を思い浮かべてしまいましたが、あくまでレプリケーションなので、意味合いが違いますよね。

FSFSのフォーマットが新しくなったというのは、そもそもFSFSを詳しく知らないので「ふーん」といった印象。ただ、ディレクトリあたりのファイル数に起因する問題が発生しなくなる、というのは安心ですね。ちなみに、1.5のクライアントで作業コピーを操作すると1.4以前のクライアントから操作できなくなり、フォーマットのダウングレードなりが必要になるので注意です。

svn:externalsで相対パスをサポートというのは、svn:externalsを活用した事がないのでイメージがわきません。ra_serfや複数RA Layerサポート、Cyrus SASLがどうたら、というのもよくわかりません。

changelistはかなり楽しそうなにおいがしますが、気のせいでしょうか。changelistを作って、操作対象を絞り込めるわけです。svn:ignoreつけたくない(できない)けど操作対象から外したい、なんて場合の解決策として使えそうな気がしないでもないです。

copyとmoveはいまいちよくわかりません。シェルのcp/mvと似た構文で操作できるのはうれしいです。複数ファイルをまとめてmvなど。あと、`mv -p`的な事ができる様になったのもうれしいです。--parentsオプションをつけると、指定したターゲットパスの存在しない中間ディレクトリを作成してくれるってやつです。他は英語読めないのでスルー。よくわかりません。

競合解決を発生時に対話的に行えるのは楽しいです。役立つかどうかはよくわかりません。自分の変更を無視したり、他人の変更を無視するコマンドが叩けるのは、手っ取り早くていいかもです。

まばらなチェックアウト(?)ってよくわかりません。--depthオプションが増えたという事はわかります。1.4でどうだったのかがわからないので、イメージわきません。中間ディレクトリ含めてチェックアウトとかなんでしょうかね?{empty, files, immediates, infinity}のそれぞれがどういう意味かは、今後使いつつ知っていこうと思います。

さて、後はMerge Trackingあたりでしょうか。mergeinfoで適用したリビジョンがわかるってのはいいですよね。マージ元のコミットログもまとめて見られるのもうれしい。blameでもマージ履歴を使ったあれこれになるらしいですが、よくわからないので放置。見た感じ、マージ元リビジョンが表示されるのでしょうか。
実際にマージはせずに適用済みリビジョン番号だけを記録することもできるので、ブランチやタグだけでの変更を取り込まないですむ、と考えていいのでしょうかね。いいのでしょう。--reintegrateは、リビジョン番号を指定しなくてよいようなので、これはお手軽マージだと考えていいんですかね。未適用リビジョンを勝手にマージしてくれる、のかな?
Merge Trackingは、svn:mergeinfoプロパティを使ってあれこれするようで、旧バージョンのクライアントからコミットしたときにおかしくなるようです。サーバもクライアントも何もかも、1.5以上を使わないとだめなようですね。

と、まあ、そんな感じでつらつら遊んでみました。


コミット後にアップデートしなくても最新のログが見られる様になっているのに、ちょいと感動。いつからだっけ?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2008年6月28日 02:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぱんつメモリ」です。

次のブログ記事は「会社のiMacのメモリを4GBに増設完了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。