TripleHead2Go Digital Edition

3面ディスプレイが実現するのかも。

ずっと、「ポート1つにつき、1つのディスプレイ」という考え方をしていましたが、「1つのポートで、複数のディスプレイ」という考え方もありますね。"TripleHead2Go Digital Edition"というのを使うと、DVI-IかミニDVI-Sub15ピンを使って、最大3つのディスプレイに出力できるとか。

Matrox Graphics - Support - GXM System Compatibility
↑MacBookProへの対応を見てみると、3840x1200 (2x 1920x1200)か3840x1024 (3x 1280x1024)で利用できるようです。枚数増やすと、1枚あたりの解像度が小さくなるわけですね。

PowerMac時代に使っていた古いシネマディスプレイが余っているので、本体+2枚でちょうどいい気がします。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2008年7月 6日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HikiのXML-RPCでページ削除したい」です。

次のブログ記事は「TripleHead2Go Digital Edition 導入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。