iPhone の悩み

困った。

まず、サクサク読めるUIを備えたPDFビューワが欲しい。アプリからPDFファイルを開いたときのビューワ、あれはひどい。Air Sharingを使って、macから転送したPDFを開いて読んでみたわけですが、読み続ける気力を根こそぎ持っていかれます。誤操作で先頭に戻ってしまったり、途中から読む方法が分からなかったり、散々です。

あと、ファイルの中央管理(?)の方法が分かりません。ファイルは、アプリごとに管理するしか無いんでしょうか。だとすると、一度macに転送して、改めて適当なアプリを使って転送する事になるんですかね。1つのマウントポイント(?)を使って簡単に同期がとれないと厳しすぎる気がします。

致命的なのが、突然のiTunes再生ですね。これは、周りで被害にあっていた人がいたので、そういう症状があるらしい事は知っていましたが、自分にも降り掛かってびっくりです。というか、そもそも、iTunesの終了というか、停止が無い(見当たらない)のが気に入りません。一時停止なんて曖昧なことせずに、男らしく(?)停止もしくは終了したいわけです。ヘッドフォンのジャックを抜いたとたんに音が鳴り響くと腰が抜けそうになります。

というかですよ、消音(マナーモードかな?)にしてるのに、iTunesでスピーカから音が出るのはどうなんでしょうかね。iTunesとは別の音量コントロールを触って勘違いしてるんでしょうか。正直、スピーカからiTunesの音を出す意味が分かりません。デフォルトにしておく意味が分かりません。むしろ、ジャック抜いたらiTunesが起動できないくらいでちょうどいいです。あ、そういう制御が可能になるアプリがあったら、いいですね。

と、文句たらたらなわけですが、基本的には気に入ってます。全体的に狭っ苦しい時代の携帯電話しか使った経験がないので、感覚的に使えて開放感があるiPhoneは凄まじく心地いいです。携帯電話の入力インターフェース(デバイス?)の進化を全く経験してないからかもしれませんが、こだわりを持ってUIにこだわっている風なappleがまた好きになっているところです。まあ、使い続けたら、結局iPhoneのソフトウェアキーボード(?)が使いにくく感じるのかもしれませんが。

そういえば、変な勘違いというか、ものを知らないというか、簡潔にいえば赤っ恥をかいたわけですが、無線LANルータなくても、iPhoneでWi-Fi使ってネットワークにつなげられるんですね。インターネット共有ってものがありましたね。仮想マシンでお世話になっているのに、思いつかないところは、さすがネットワーク音痴です。遺憾なく無知っぷりを発揮してしまいました。

一応、アクティビティモニタを使ってネットワーク状況をモニタした感じでは、LANを通っている様に見えました。ネットワークのセグメント(?)がどうとか、LAN内のホストにアクセスできるか、とかは試し無いので分かりません。あどほっく、覚えました。
Palm + Mac OS XでAdhoc WiFi インターネット接続

さて、結局、iPhoneで何をどうやって見ようか方針が定まりません。URLをメールして、そこをブックマーク代わりにするのがいいんでしょうか。普段、Safariを使わないので、ブックマークの共有も何もないわけです。後で読むとかを使って、gmailにスクラップをためておいて、それをiPhoneで消化するのがいいんでしょうか。何か、フリーで特別なフォーマットのデータファイルを扱うアプリケーションが出てきてくれませんかね。PDFがどうも絶望的な印象なので、上手い事索引などを用いてサクサク読み進められる感じを期待します。適当にHTMLなりTXTなりをそのフォーマットに変換できるmac用ツールもあると嬉しいですね。データフォーマットもオープンだと、あれこれいじる人が出ていいですね。なんてのが本当になったら、野良があふれて大変な事になるんでしょうか。PDFを上手く扱うアプリがあれば、それで解決でしょうけどね。

まったくまとまりませんが、使い始めて5日位での感想でした。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2008年9月18日 23:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PASMO・イン・ジャケット」です。

次のブログ記事は「増量キャンペーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。