Rails(ActiveRecord) の STI

使うとスマートじゃない様子。
Ruby on Rails Code Quality Checklist - Articles - Matthew Moore

STI の仕組みを使わなくても、同じ様な事を実現するのは簡単で、STI に伴う弊害を考えると、STI は使うべきじゃない、といった事が書かれている気がします。ネックになっているのは、同一テーブルを使う事による密結合とかそういう話なんでしょうか。それ故に、マイグレーションが楽しくないとか、なんだとか?

原文である上記参考記事を見る前に、「STI 駄目なのか、実装が変なのか?」と勘違いしてコードを追いかけてたりしたわけですが、その存在自体が否定されているようですね?

まだ、駄目さが実感できていないので、何とも言えません。"Polymorphic associations"ってなんでしょう。STI によるアプローチは駄目だけど、ぽりもふぃっくな考え方はスマートだよね、というオチ(?)を付けたという事ですかね。

とりあえず、状況を見つつ、STI じゃないポリモフィックなアソシエーションの実現について、気にしてみようと思います。


おまけです。
KOSHIGOE学習帳 - [Ruby] Rails の STI について調査

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2008年9月25日 02:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhoneアプリの開発にはNDAがあるのを忘れてた」です。

次のブログ記事は「emacs-rails を改めて調べてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。