久しぶりに Rack

気づいたら、0.9.1 になっていた。

Rack について調べた時に、ミドルウェアの使い方サンプルを GitHub に置いたりしたわけですが、それっきり放置してました。

そんなわけで、増えていたミドルウェアや、rack-contrib への対応など、ちょこちょこっと追加しておきました。

小さな事ですが、Rack::ContentLength が追加されていて、結構便利になった気がします。Rack::Deflate を使った時の Content-Type の改変をどうするかとか、勝手にやってくれるので助かります。

後、今回のメンテで気づきましたが、Rack::Lint を使っているときに Rack::Auth::Basic を使うと、レスポンスの検証で invalid になる問題(?)も、Rack::ShowStatus を使えば解決する事に気がつきました。空レスポンスを適当に置き換えてくれるので、Unauthorized 時にも安心(?)。まあ、deployment 環境で走らせれば問題ないんですけどね。

そういえば、Rack::ConditionalGet も追加されてましたね。これも便利。

そんな感じで、久しぶりの Rack でした。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2009年2月14日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まずい、0月0日の意味が分からない」です。

次のブログ記事は「自宅の OSX Leopard で hosts より DNS が優先されるようになってた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。