ジーニアスバーに行ってきた

自宅作業がまったくできない事に。

やっぱり、予想通り GeForce のやつに当たった様です。
MacBook Pro:ビデオ画像が歪む、またはビデオが表示されない問題

幸い(?)パーツは在庫があるようで、3,4 日で修理可能との事でした。まあ、平日は受け取りに行けないと思うので、最短で土曜日ですかね。

修理のために、同意書的なものにサインをする必要があったわけですが、なんだかひどいことが書いてありますね。データの破損的な事は、バックアップがあるのでどうでもいいんですけど(HDD 壊されるとかはありえないけど)、漏洩については素直に同意していいものかと悩みました。人生終わる覚悟でサインしておきましたけどね。

修理するときって、情報漏洩覚悟で頼むのが一般的なんでしょうかね。まあ、免責事項として明記しておくべきことなのかもしれませんが、なんとなく無責任感がただよってきました。データ類根こそぎ吸い出して、何かに使われても何も言えないってことでしょうか。

書類上の文言が気になるとはいえ、自分で直せる気がしないし、下取りで買い替えてくるのもあれです(まだ1年くらいしか使ってない気がしますしね)。もうちょっとだけ余裕があれば、実行したかもですけどね(下取りの場合のデータの扱いは知りませんが)。

そもそも、ログインパスワードを聞かれるのは、まあ、確認用だろうと納得しても、その取扱いはもっと丁寧にするべきでしょう。紙に書くことになったので、書いて裏返しにして渡したにもかかわらず、書類への記録が終わっても表のまま放置。指摘しない自分もアホですが、どうなんでしょうね。書類への記載も平文で隠すそぶりもありせんが、大丈夫でしょうか。本当にジーニアス?

そんなこんなで、散々です。風強いし。渋谷いくことになったし。次にジーニアスバーに御世話になることがあれば、銀座を試します。銀座もアレなら、もう、何かあるごとに買い替えですかね。バックアップを常にとっておいて、データを全削除してもらって(削除してもらえるか知りませんが)。

はぁ、散々だ。Ctrl-E で行末にいかないし。ウィンドウが切り替わるし。もう、いやだ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2009年2月 1日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacBookPro が故障したっぽい」です。

次のブログ記事は「なんか、本当に自宅作業出来なそう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。