MySQL のレプリケーションで保存時のキャラクタセットが変わる問題

何が悪いのかよくわからない。

問題が発生したレコードのタイムスタンプとバイナリログを確認すると、replicate-wild-ignore-table でレプリケーション対象から外したテーブルへのクエリが実行された近辺だという事はわかりました。

また、バイナリログがローテーションされ、新しいバイナリログからレプリケーションする時には問題が解消されているらしき事もわかりました。

何かでスレーブサーバの SQL スレッドのキャラクタセットの設定がおかしくなり、バイナリログが変わって改めてキャラクタセットが設定されたために治ったのではなかろうかと疑っています。

問題発生の傾向が結構あからさまなので、その問題発生近辺のバイナリログをみれば、何が起きているのかすぐわかるかと思った訳ですが、いまいちよくわかりません。

ひとまず、「問題発生の傾向が結構あからさま」という事がわかっただけでも前進でしょうか。完全に不規則だったら、自分にはお手上げでした。

まずは replicate-wild-ignore-table をやめてみて、それでだめなら必要そうなログを記録して、再検討かなと思っています。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2009年10月25日 00:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Snow Leopard に MacPorts でインストールした Ruby が遅いという話を聞いたけど…」です。

次のブログ記事は「replicate-wild-ignore-table やめて解決したかもしれない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。