MySQL をチューニングできるように勉強し直し

かなり前に本を読んだりして以来、あまり身に付いていない事が気になるので整理。今更感は気にしない。
(『実践ハイパフォーマンス MySQL 第2版』が今月出版されるはずなので、それまでにある程度復習しておきたいというのが、一番の理由というかきっかけだったりする)

とりあえず、MySQL のドキュメントから、それらしいページを見繕ってひたすらだらだらとメモ。その後、メモリ関係のチューニングとして、以下の記事にある mymemcheck を書いて演習(?)にしてみました。
DSAS開発者の部屋:5分でできる、MySQLのメモリ関係のチューニング!

成果は、以下にまとめました。

ドキュメントで通常は 2MB(MySQL AB バイナリだと 256KB)とされているスタックが thread_stack でよいのかとか、innodb_log_file_size のデフォルト値は式を満たさない事などが気になりますが、その辺は追々。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2009年11月 6日 01:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「replicate-wild-ignore-table やめて解決したかもしれない」です。

次のブログ記事は「Resque について調べてメモした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。